>

身体の根本に働きかけるケア方法

この記事をシェアする

指圧とは日本誕生の施術

指圧というと、手や指でツボを刺激して痛みや疲労を治療する施術ですが、これは日本で誕生した療法なのです。ツボ押し療法などとも表現されるように指圧はゆっくりとツボを押し、ゆっくりと離すという動作を繰り返すことで、ツボ周辺の筋肉や神経を刺激して身体の深部に刺激を送ります。
アメリカ発祥のカイロプラクティックや、あんまのような施術を組み合わせたものです。身体に手を当てて、疲労や異常となるポイントを見出し、すぐに治療を図るため診断即治療ともいわれています。
基本的には道具を使わず、手や指を使って施術する押圧操作での治療法で、古くは大正時代から用いられていたといわれています。
そんな指圧は、マッサージや整体などと組み合わせて、より効果を実感させることができます。

良い効果を組み合わせる

一般的にマッサージと呼ばれるものは、特定の施術ではなく、揉む、さする、押す等といった施術を総称した表現です。指圧マッサージとは、指や掌で押すことはもちろん、押して血流が良くなった患部の流れを更に良くするため、その周辺を揉み、さする等して一極だけでなく全体的に異常を軽減させる施術法をいいます。
指圧とマッサージを同時に行うことによって、血流やリンパの流れが良くなり、新陳代謝が活発になる効果を得られるのと同時に、新陳代謝の高まりによって熱を帯びた異常部が癒着を解き、滑らかに動かせるようになるといった効果も期待できます。さらに深部への刺激が内臓などの器官にも影響し、神経系統や循環器へも高い効果が期待できるといわれているのです。